行ってみたシリーズ、
第1回の投稿はご覧いただいたでしょうか?

「久留米うどんさんへ行ってみた。」
http://allegorynews.jugem.jp/?eid=292

こちらでした。

そして第11回目の今回は、
この久留米うどんさんの系列のお店、
「串打ち 大地」さんへ行ってみました。


渋谷駅から徒歩7分程の場所に、
先月OPENしたばかりのお店です。

お昼は公園通りから移転してきた久留米うどんさん、
夜は新店の串打ち 大地さんの営業となります。

アレゴリーでご提案させていただいた器、
たくさん使っていただいています!

今回も続々ご紹介していきますよ。







「串打ち 大地」というからには、
やはりメインは串焼き。

一昨年SNSで、
「焼き鳥を串から外さないで食べてほしい」
という投稿が話題になりましたが、
串打ち 大地さんの串焼きもぜひおひとりで1本を堪能してほしい。

そんな思いもあり、
3〜4人での串焼きのご注文は、
こんなお皿に乗せられてきます。



どーん!
この大きさ、伝わるでしょうか?
長さなんと70cm以上の超長角皿。

このお皿にズラリと串焼きが並んでいたら、
端からモリモリ食べたくなっちゃいます。



迫力…

この長ーーーいお皿は何種類かお使いいただいているのですが、
すべて1枚のみ。
ご注文いただいた時にどんなお皿で出てくるのか、
そんなことも楽しみにしていただけたらうれしいです!


それ以外にも、
たくさんのお皿や小鉢もお使いいただいています。

お店入って右側の、
カウンターの裏をチラッとのぞくと…



器がびっしり。



こんな小皿や…



こんな小鉢や…

アレゴリーのお店でもお馴染みの子たちから、
初めましてな子たちまで、
たくさん!

この子たちにもお料理を乗せていただきました。



串打ち 大地さんではこんな風に、
1品を大皿に盛ってポンと出すのではなく、
おひとりずつの小分けにしてくださいます。

そのため小皿や小鉢たちが大活躍!

どのお料理にどの器、
と決まっているわけではないので、
こちらもその時々でどんな器があらわれるのか、
ぜひ楽しんでいただきたいです。


肝心のお料理ですが、
特におすすめなのがこちら。



大地さん定番人気の、
しば漬けポテトサラダ。

しば漬けとポテトサラダが、
こんなに合うとは。
ポテトとしば漬けの食感の対比がおもしろい。
ポテサラで白米が食べられると思ったのは初めてです。



こちらも人気だという、
チーズバルサミコ角煮。

パンの上に角煮、チーズが乗っています。
オードブル感覚でありながら食べ応えも。
チーズとバルサミコ、
そして角煮の甘さのバランスがクセになる味。


更にもう1品、
イチオシというメニューが。



レバニラ痺辛炒め。

正直レバーが苦手な私…

ですが、
このレバニラを食べたら…
お い し い … … !?

レバーに片栗粉をまぶし、
揚げてから炒めているというこのレバニラ。
レバーのねっとり感が苦手な私は、
片栗粉のトロッと感と合わさったことでとてもおいしくいただけました。
ピリ辛感も絶妙。
こちらもぜひ召し上がってみていただきたい一品です。

こちらの鈍く光るプレート、
ダメージ加工されたステンレスのプレートもアレゴリーより。
ハーフサイズでご用意していただきました。




久留米うどんさんに続き、
こんなショップカードも担当させていただいておりますよ。



閑静な住宅街の路地裏に、
解放感あるガラス貼りの外観。



天井から吊り下がる、
丸いガラスの照明と、



生ハム。



生ハム。



カウンターには、
新鮮な世田谷の野菜たち。



広々と、シンプルで落ち着いた店内。



夏にはなんと、
スペインでの出店も予定しているという大地さん!

公園通りのやきとん大地さん同様、
予約の取りづらいお店になること間違いなしです。
ご予約、お早めにです!



串打ち 大地

〒150-0011
東京都 渋谷区東1-3-5
営業時間:
定休日:
TEL:03-5766-6600
Facebook:https://www.facebook.com/kushiuchidaichi/?ref=py_c
Instagram:https://www.instagram.com/kushiuchi_daichi/