今では住みたい街ランキング上位に食い込むおしゃれな街、武蔵小杉。
駅から徒歩4分、お子様連れやベビーカーを引いたお母さんたちで賑わうグランツリー、1FにあるHAND BAKESさん。

その名前の通り「手作り」をコンセプトにし、ロゴやインテリア、オブジェ、音楽や制服に至るまで、多数のクリエイターとのコラボで生まれたお店の、2号店に今回はお邪魔しました。

今回もアレゴリーで担当させていただいた食器たちをたくさんご紹介します!


 





HAND BAKESさんと言えば何と言っても、厳選された安心素材で作られたパイとタルト。
店頭のショーケースにも、テイクアウト用のパイやタルトがたくさん並んでいます。
 



レジを挟んで反対側では、実際に作っている所も見られますよ。
 


店内はこんな感じ。
 


同じように木の風合いのナチュラルであたたかい空間ながら、アンティークで落ち着いた雰囲気の新宿店とはまた違って、大きなガラス窓と高い天井、ゆったりと開放感のある作り。
 



何はともあれ、お目当てのタルトを。

テーブルの上に置かれたデザートメニューを眺めます。
 


どれもかわいくておいしそう…

アレゴリーでもお馴染みのカードスタンドがさりげなく活躍しています。

 


運ばれてきた白磁のポットも、なんだか見覚えある。
カトラリーやタンブラーもアレゴリーセレクトですよ。


今回はミックスフルーツタルトとハーブティーのセットをお願いしました。
まずはハーブティー。
 


ハーブティーは、夏らしくミントティーでした。
 


甘いタルトにスーっと爽やかなミント、とっても合います。
ポットには、ニューヨークのペイティングアーティスト、トッド・セルビー氏による素敵なロゴが。

オリジナルのカップ&ソーサーは、実は2種類のデザインがあります。
 


ひとつ目は、HAND BAKESさんではお馴染みのブルーベリーパイのイラスト。
 


もうひとつは、ナポリタンスパゲッティです。
 


カップの底には「HB」の文字。
 


カップ&ソーサーは、レジ横で販売もされていますよ。
デザートをテイクアウトしてオリジナルの器を使って、お家でカフェ気分、というのも素敵。
 


更にこの絵柄はコースターにもなっているんです。
ジュースを注文したお子様がコースターに落書きしたりなんかもして。
そんな微笑ましい作品がレジ横に飾られていました。
 


「 ごはん
  おいしか
  た    」

なんというかわいらしさ…

そんなポットのロゴとカップ&ソーサーのイラストを入れるのも、アレゴリーにお任せいただきました。


お待ちかねのタルトがこちら!
 


季節によって変わるフルーツは、夏ならではのスイカ、マンゴー、グレープフルーツ、キウイ、バナナ、リンゴ、パイナップル。
せっかくなのでアップでも。
 


フルーツもりもり。
HAND BAKESさんはこんな風にガラスのお皿に乗っているのが特徴的。
こちらのお皿ももちろんアレゴリーによるものでございます。
 


カトラリーの全体像も挟みつつ。

タルトは中にピスタチオのクレームブリュレが入っています。
ピスタチオなので、カスタードのようなこってり感なくさっぱりめなので、甘すぎるのが苦手な方にも食べやすいかも。
真ん丸な形も、「いつかケーキをホールで食べたい!」という女子の夢が小さくも叶えられたようでうれしい。笑



……と、
パイやタルトばかりのご紹介になってしまいましたが、HAND BAKESさんにはお食事もたくさんあります。
 


店頭にもメニューが。
こちらも厳選された食材を使用されているそうです。
今度はこちらも食べてみたい。
どれもおいしそうです……!



ごはんにもカフェにもおすすめなHAND BAKESさん。
武蔵小杉店はこちらです。

HAND BAKES 武蔵小杉
〒211-0004
神奈川県 川崎市 中原区 新丸子東 3-1135
グランツリー武蔵小杉 1F
TEL : 044-411-9019
OPEN : 10:00-22:00(LO21:30)
CLOSE : 無休
https://oya-food.com/shops/hand-bakes-musashikosugi/



アレゴリー裏話をめぐる旅。
次回はNEW OPENのお店をご紹介!
(するかもしれないししないかもしれない。)

おたのしみに!
(していただけたらこの上ない幸せです…)